債務整理

債務整理の方法

債務整理の方法は、任意整理、自己破産、民事再生があります。まずは、当弁護士事務所にご相談ください。

任意整理

  • ① 減額の話し合い
  • ② 過払い金による清算
  • ③ 過払い金の回収
  • ④ 会社の任意整理

自己破産

  • ① 個人の自己破産
  • ② 会社の自己破産
  • ③ 過払い金の回収

民事再生

  • ① 個人の民事再生
  • ② 会社の民事再生
  • ③ 過払い金の回収

相談から受任への流れ

1. 無料相談

  • お電話・メールでの相談も受け付けています。
  • あなたの状況を簡単に教えてください。どのようにすれば整理できるか、などの疑問点におこたえします。
  • おおまかな相談や一般的な質問はお電話でどうぞ。
  • 具体的に、どのような整理方法をとったらいいか、どのようなスケジュールで解決するか、個別の費用や支払い方法など詳細については、事務所においでいただき、詳細な状況(家族・仕事・家計など)をお聞きしながら、ご相談にのります。事務所での相談も無料です。
  • 現在返済中の方も、返済が終了した方もお気軽にご相談下さい。
    業者との契約書やレシートなど資料がなくても大丈夫です。

2. 解決方法の提案

  • ご来所いただき、具体的なお話をうかがい、ご相談者にふさわしい解決方法を提案させていただきます。
    • ① 過払い金があるかどうか。
    • ② 整理方法のうちどの方法が最もふさわしいか。
    • ③ 受任したあとの手続の流れ(スケジュール)。
    • ④ 費用の支払い方法の相談。
    などをご説明し、相談にのります。
  • 内容やメリット・デメリットについて、わからない点や不安な点は遠慮なく質問してください。
  • 無料相談を受けても必ず委任しなければならないことはありません。よく考えてから委任するかどうかを決めて下さい。

3. 整理スタート

  • 債務整理について当事務所に依頼をされる場合は、委任契約書を作成して受任させていただきます。
  • 受任後すぐに債権者に受任の通知書を発送し、手続に着手します。
  • この受任通知書が債権者に届いた後は債権者からの催促や連絡がストップします(その後は業者と当事務所との連絡になります)。
  • 任意整理の場合は、業者と弁護士が交渉を繰り返し、最終的に和解します。和解とは、今後支払う金額と支払う回数などを合意する手続です。
  • 自己破産・民事再生の場合は、申立書や添付書類・説明書類・再生計画などを作成します。書類が完成すると裁判所に提出し、弁護士が裁判官と面談します。

4. 解 決

  1. 任意整理の場合は、業者と合意した金額で返済を再開します。当事務所で振込・連絡の全てを代行します。
  2. 自己破産の場合は、裁判所から決定書類を弁護士が受領し、依頼者にお渡しして終了します。基本的に免責を受けますので、債務は0になります。
  3. 民事再生の場合は、再生計画が認可され、変更された金額での返済を開始し、この返済が終了して終わります。

債務整理の仕方(メニュー)

債務整理の仕方には、次のような方法があります。(1)と(2)は両方同時にできます。

(1)毎月の返済金額を減額することができます。

当事務所の弁護士が、債権者と交渉して、利息をカットし、返済期間も長期にするなどして、毎月の返済額を30%~70%くらい減額します(減額できる範囲は残債額・取引年数などにより異なります)。

(2)過払い金の取り戻しができます。

「過払い金」とは、利息制限法の利率18%以上で返済した部分のことで、完済してから10年以上たっていなければ返還してもらえます。 この過払い金は予想以上に返還されますから、何年も借りたり返したりした方は、自分の過払い金がいくらあるかの調査だけでもなされることをおすすめします。

(3)自己破産をして債務を免れること(免責)ができます。

債権者の数や債務の金額にかかわらず、現状では毎月の返済が苦しくて、借りないと返せない状態の場合は、自己破産できます。 自己破産・免責を受けた場合、債務は0になります。

(4)民事再生をして返済を減額することができます。

個人の民事再生は、裁判所に申し立てして、返済できる範囲に借金の元本を圧縮し、利息をカットする手続です。住宅ローンがある家を手放さなくてもいいというメリットがあります。


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.