民事再生

民事再生とは

一般的に、民事再生とは、元本を大幅に減らした借金の返済ができるという手続きのことをいいます。住宅などの資産を処分されないままで、大幅に減額された借金を原則、3年間で分割して返済していくという手続です。この時の減額の程度は借金の額や保有している資産によって異なりますが、減額後の借金を完済することができれば、その他の借金は、法律上返済する義務を免れます。

民事再生の手続き

民事再生の手続きとして、まずは、債務者が自己の将来の収入によって、一定の額の債務を分割して返済するという「再生計画」を作成します。裁判所は作成された再生計画を債権者の決議にかけますが、これらの計画が債権者によって可決された場合、裁判所はその再生計画を認めるかどうかの判断をしていきます。その後、再生計画が裁判所に認められた場合には、債務者はその計画に基づいて返済をすることで残りの債務が免除されるようになります。

これらの再生手続は申立人である債務者が主体となって手続に関与しなければならないため、申立書の作成だけでなく、再生債権の認否や財産に関する報告書、再生計画案などのさまざまな書類を裁判所が定めた期間内に提出しなければなりません。実際上、法律関係の知識も必要になるため、弁護士なしで手続きを進めていくのは難しいと言えます。

なお、民事再生は自己破産とは違い、すべての借金が免除されることはなく、養育費としての支払いや、加害目的によっての損害賠償義務、並びに、税金や罰金、住宅ローンなどは対象外で免除されませんので注意が必要です。

民事再生のメリット

○ 民事再生のメリットは、任意整理とは違い、借金の元金も免除の対象となるというものがあります。借金がふくらんでいる場合には、任意整理をするよりは大幅に借金を減らすことができるのが、メリットのひとつです。

○ 民事再生は、自己破産とは違って、マイホームや持ち家を売らなくても手続きができますので、家に住みながら借金を最大で8割カットしてもらい、分割で支払って完済することができます。これが、自己破産の場合、マイホームは売却されて家を失うことになります。

○ 民事再生は、就業制限もありませんから、民事再生手続きの後も、保険業や不動産業、警備業などについている人でも仕事を辞めないままで借金を減らすことができます。

民事再生のデメリット

○ 民事再生の大きなデメリットは、手続きをしてから、しばらくは借り入れすることができないことです。どんな債務整理でも、信用情報機関で情報が登録されますので、数年間は借り入れすることができなくなります。ただ、引越しができない、海外旅行に行けないということはありませんし、戸籍にも載らないので安心です。

○ 自己破産にしろ、民事再生にしろ、これらの手続きをすると、官報と呼ばれる政府が発行している機関誌に名前が掲載されることになります。

○ 民事再生の手続きにおいては、最低でも100万円を3年間で支払うことが決められているため、100万円以下の借金の場合には免除されません。


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.