借金の一本化・おまとめローンと債務整理の違い

通常、消費者金融(サラ金)での借金を完済する方法としては、銀行などの「おまとめローン=借金一本化」を利用する方法と、弁護士などに依頼して債務整理する方法の二種類があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、それらを理解した上で、自分に合った方法で返済していくといいでしょう。

借金を一本化する「おまとめローン」は、返済先を一ヶ所にまとめることができますが、将来も利息が発生し続けます。これに対して、弁護士などに依頼をする「債務整理」は、新たな借入が当分できなくなりますが、借金自体の総額が減って、原則利息なしで返済できます。この時、過払い金が見つかれば回収できる可能性もあります。これらをまとめると、以下のようになります。

【借金の一本化】

  • 〇 利息は以前に比べて低くなるが、今後も発生し続ける
  • 〇 過払い金は戻らない
  • 〇 信用情報(ブラックリスト)への登録なし

【債務整理:原則、カットできる】

  • 〇 過払い金が戻る可能性あり
  • 〇 信用情報(ブラックリスト)への登録あり

【借金の一本化】

おまとめローン・借金一本化の大きなメリットとして、信用情報(ブラックリスト)に登録されないことが挙げられます。つまり、借金を一本化をしても、新たに借入をすることが可能です。また、借り入れ先がひとつにまとまることで、毎月の返済の管理が非常に楽になるということも大きなメリットです。

ただし、これらの借金を一本化できるのは、「負債がまだ大きくない人」と「返済能力のある人」に限られます。また、人によってはおまとめローンの返済が難しくなると、他の業者から新たに借入をして、おまとめローンの支払いに充てるということもあり、債務が膨れるという事態に陥ることもありますので、一本化する際には、十分な計画を立てることが必要となります。

近年、おまとめローンを申し込もうとしてお金を騙し取られたという詐欺事件も多発しているようですのでご注意ください。このような詐欺事件を「おまとめローン詐欺」や「一本化詐欺」と言うことがあります。

【債務整理】

債務整理は、弁護士や司法書士などに依頼して、現在借金している利息を法定利息で正しく計算しなおすことによって、借金総額が減額ができる制度です。減額後、借金を分割で返していきますが、多くの債権者は利息なしで分割払いを認めてくれるようです。中には過払い金が戻ってくる場合もあります。このように、きちんと法律で認められた手続きで債務を整理することや、家計から無駄を省くことによって根本的な借金問題の解決を図ることができます。

債務整理のデメリットとしては、信用情報(ブラックリスト)に記録が載った場合、5年は、銀行やカード会社からお金を借りることができなくなることです。

「債務整理」とは?にもどる


  1. 弁護士と司法書士の違い
  2. 債務整理とは
  3. ヤミ金融業者の見分け方
  4. 借金の一本化・おまとめローンと債務整理の違い
  5. 保証人と債務整理
  6. 減額報酬について
  7. グレーゾーン金利について
  8. 総量規制とは
  9. リボ払いと多重債務
  10. 受任に必要な書類
  11. 債務整理と住宅ローン
  12. 債務整理の開始通知とは
  13. リボ払いの仕組み

ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.