受任に必要な書類

債務整理を弁護士や司法書士などに依頼するにあたり、必要な書類は次のようなものがあります。

○ 身分証明書

運転免許証や健康保険証、パスポート、住民票など、現住所がわかるものを、いずれか1通。

○ 債権者一覧表

債権者を分かる範囲でまとめ、どの会社からどのくらい借りて、どのくらい返済したかを一覧表にします。

○ 借入時の契約書や借入の明細

借入時の契約書や借用書、借入の明細の他に、債権者が発行した領収書や受領書。

○ 収入証明書

給与明細や源泉徴収票。

○ クレジットカードとキャッシュカード

現在、使用しているすべてのクレジットカードとキャッシュカード。

○ 印鑑

弁護士や司法書士などと契約する際に必要となります。シャチハタ以外であれば認印でも可。夫婦で依頼する場合は、それぞれ別の印鑑を用意します。

自己破産や個人再生の場合、上記に加えて、それぞれの書類、もしくは調査が必要になります。

○ 不動産の最新の登記簿謄本

今現在不動産を持っている場合と以前不動産を持っていた場合は、近隣の法務局で登記簿謄本を取得します。

○ 解約返戻金の調査

積立式の生命保険に加入されている場合、もしくは、以前加入していた場合は、解約返戻金の調査のために生命保険証書をご持参いただくか、保険会社に事前の調査をお願いすることがあります。

○ 退職金の額

現在の勤務先に退職金の制度がある場合は、退職金見込額も資産になるため、職務規定などで退職金の予想額の調査をお願いすることがあります。

○ ヤミ金融取引状況申告書

万が一、ヤミ金融より借入していたら、取引の状況などの詳細をまとめてください。

特に、民事再生や自己破産の手続きにでは、必要書類が増えます。プライバシー問題が気になるかもしれませんが、確実な手続きのためにも必要な書類です。弁護士や司法書士などには守秘義務が課せられていますので、業務上、知り得た個人情報は、外部に漏らすことができません。債務整理自体を円滑に進めていく上でも、依頼する際は、嘘や隠しごとがないようにしてください。

「債務整理」とは?にもどる


  1. 弁護士と司法書士の違い
  2. 債務整理とは
  3. ヤミ金融業者の見分け方
  4. 借金の一本化・おまとめローンと債務整理の違い
  5. 保証人と債務整理
  6. 減額報酬について
  7. グレーゾーン金利について
  8. 総量規制とは
  9. リボ払いと多重債務
  10. 受任に必要な書類
  11. 債務整理と住宅ローン
  12. 債務整理の開始通知とは
  13. リボ払いの仕組み

ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.