債務整理と住宅ローン

債務整理した場合、信用情報機関に記載されますが、その後に住宅ローンなどの借入を申し込むと、金融機関は、これらの情報をもとに審査するので、借入の許可に影響します。通常、借入の返済の延滞や未払いという事故情報は5年経過の後に削除されますが、債務整理などの場合は、最長でも10年保持することになっていて、ほとんどの信用機関では7年程度は削除してもらえません。ただ、審査において、信用情報はあくまでも判断材料の一つであり、住宅ローンの審査では、現在の収入や将来性も考慮されますので、削除されたからといって審査に必ず通るというわけではありません。

債務整理した後、すべての借金を返済したら、再びローンが組めるのかということですが、その前に、ローンの審査の流れを考えてみたいと思います。まず、ローンの申し込みがあると、業者は信用情報機関に照会して、過去の返済履歴や借入履歴を調べ、さらに、現在の収入の状況などをふまえた上で審査していきます。

自己破産や個人再生の情報の場合、7~10年間記載されるのが一般的ですが、信用情報機関の情報自体もローンの審査では参考にされる程度なので、おおよそ5~7年経てば、別の金融機関で新たなローンが組めることが多いようです。

なお、債務整理の前に残っていた住宅ローンに関しては、債務整理の種類によって対応が変わってきます。

まず、すべての不動産を失うことになる自己破産の場合は、住宅自体を手放すことになりますので、その時点で住宅ローンは放棄となり、これまで支払ったローンの金額も返ってくることはありません。

それ以外に、個人再生や任意整理の場合は、住宅ローンをそのまま継続することが可能になりますが、借金が返済できない状態かもしれません。ただ、債務整理において住宅ローンを減額させることはできないため、減額ではなく返済プランの見直しを進めていきます。これにより、支払期間を長くすることで、月々の支払いを抑えることが可能となります。

任意整理や個人再生の手続きを行なう時には、あわせて住宅ローンの見直しもしていきますが、これはローンの金額をまとめて再生計画が立てるためで、減額ではないので金融業者も返済プラン変更に関しては理解を示しやすいと言えます。

「債務整理」とは?にもどる


  1. 弁護士と司法書士の違い
  2. 債務整理とは
  3. ヤミ金融業者の見分け方
  4. 借金の一本化・おまとめローンと債務整理の違い
  5. 保証人と債務整理
  6. 減額報酬について
  7. グレーゾーン金利について
  8. 総量規制とは
  9. リボ払いと多重債務
  10. 受任に必要な書類
  11. 債務整理と住宅ローン
  12. 債務整理の開始通知とは
  13. リボ払いの仕組み

ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.