Q&Aコーナー

任意整理にするか自己破産にするかは、どうやって決めますか。

まず「任意整理」と「自己破産」についての説明をします。

任意整理とは、債権者との合意により債務を整理することをいいます。これは裁判所を通さずに、貸金業者との任意の話し合いによって法定利息で計算し直し、収め過ぎの利息を元金に組み入れることで借金を減らしていきます。任意整理は、債務整理の中では一番気楽に行なうことのできる方法と言われています。

弁護士や司法書士を代理人とした場合でも、任意整理では貸金業者との話合いが基本となります。訴訟にでもならない限り、裁判所が介入することはありません。また、任意整理では借金の減額もしくは、3年から5年の分割払いが基本となりますが、自己破産と違って、借金そのものはなくなりません。ただ、借金の総額が減少して、月々の返済金額も減りますので完済しやすくなります。

自己破産は、返済可能額までの減額ができないことが明らかな場合や任意整理によって返済可能額までの減額ができなかった場合の手段の一つで、裁判所に申し立てることで手続きしていきます。自己破産では、著しい浪費や賭博(過度のギャンブル行為)による借金では債務免除にならない場合もあります。

また、自己破産手続きでは、司法書士は代理できず、裁判所から債務者本人の自宅に手続きに必要な書類や通知が届くため、決められた日時に数回、裁判所に出頭する必要があります。自己破産をすると借金は全額免除されて返済しなくてすみますが、生活に最低限必要な家具などを除くすべての財産(持ち家も含む)を失うことになります。

「任意整理」と「自己破産」の違いをふまえた上で、どの方法でやるかは最終的にはご相談者に決めていただきますが、返済額を減額すれば返済できる収入があるかどうか、住居が所有物件か賃貸物件か、などによってもちがってきます。

所有の不動産を手放したくない場合は、任意整理又は民事再生という方法になります。返済額を減額しても支払いが苦しい場合は自己破産を検討します。なお、どの方法でもプライバシーは守られています。

具体的には無料相談でご相談を受けながら個別にご説明します。

Q&Aコーナーに戻る


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.