Q&Aコーナー

弁護士に依頼しないで自分でもできますか。

はい、債務整理は本人が自分でできることになっています。

ただし、法律的な知識も必要で、任意整理の場合はプロの業者担当者との交渉はかなり手間が掛かり、なかなかうまくいかない場合が多いようです。

個人で任意整理しようとしてもサラ金業者などはなかなか応じてくれませんし、これらの業者の言いなりになって不利な和解をしてしまったり、貸金業者が誠実に対応してくれなくて手続が行き詰まったりするケースもあるようです。このようなリスクを避けて、実効的に債務整理を行うためには、専門家である弁護士に依頼するのが無難と言えます。

また、裁判所での自己破産や民事再生などの手続は、やはり手続についての法律的知識や経験がないと大変です。相当な量の文書を作成したり資料を作ったりしますので、専門家に依頼するのが賢明です。むしろ弁護士に依頼することで、日常生活に支障なく、スムーズに債務整理が可能になりますのでおすすめします。

弁護士と司法書士の違いですが、弁護士には債務整理の自己破産・任意整理・民事再生・過払い金返還請求などすべての方法についての代理権があります。対する司法書士には、地方裁判所での訴訟代理権が存在せず、自己破産・民事再生についての申立代理の権限がないこともあるようです。弁護士と司法書士の役割の違いを知った上で、依頼することが大事です。

債務整理の情報を知っていても、弁護士や司法書士に支払う費用が準備できずに、相談にさえ行けないと悩み、多重債務を抱えたままになっている事例もありますが、このままでは何も解決しないため、できるだけ費用をかけない形での債務整理ができないかを考えます。

債務整理をする前に、弁護士や司法書士と相談したほうがいいですが、相談料を心配して相談に行けないこともありますので、借金問題に関する相談を無料で受け付けている法律事務所を探してみるといいでしょう。債務整理のための費用が用意できない場合でも、費用の後払いや分割払いが可能かどうかを依頼する弁護士に相談してみるか、一時的にお金を借りられる「民事法律扶助制度」が利用できるかどうかを確認してみてください。

Q&Aコーナーに戻る


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.