Q&Aコーナー

自己破産をする場合のメリット・デメリットを教えてください。

自己破産のメリットとデメリットは、おおむね次のようになります。

メリット

  1. 請求がストップし、業者からの連絡がなくなります。
  2. 借金が全て免除され、借金ゼロになります。
  3. したがって平穏な生活をやり直せます(生活再建)。
  4. 家族、会社などに知られず処理できます。
  5. 日常生活に支障をきたさないようにできます。
  6. 仕事に影響がありません。

自己破産の最大のメリットは借金返済の義務が免除(免責)されることです。自己破産の手続の開始によって,金融機関も含めたすべての債権者からの取立てが停止します。自己破産の申し立てをすると、債務の総額を確定するために債務の支払いも停止され、給与等に対する差押、仮差押などもなくなります。

自己破産の決定後に得た収入や財産については、自由に所有でき使い道も自由です。また、家財道具や99万円以内の現金など、日常生活を営む上で必要と認められる財産は手元に残せるようになります。

デメリット

  1. 財産(不動産など)は処分して配当に充てられます。
  2. 新たな借金・住宅や車のローンが利用できなくなります。(ただし、破産宣告後約7年間です)
  3. クレジットカードを作れなくなります。
  4. 官報に名前と住所が掲載されます。
  5. 信用情報機関(ブラックリスト)に登録されます。
  6. 破産者名簿へ記載されます。

自己破産のデメリットは、原則20万円以上の財産(不動産や保険など)を所有している場合、これらをお金に換えて債権者に分配されます。また、管財事件の場合に限り、各種の自由が制限されるようになっています。破産管財人や債権者の請求によって、破産に関しての必要な説明をする必要があります。裁判所の許可がなければ居住地を離れて、転居や長期の旅行をすることができません。

さらには、破産者にあてられた郵便物などは全て管財人に配達されます。自己破産者は、弁護士、弁理士、公証人、司法書士、公認会計士、税理士、宅地建物取引業者、証券会社外交員、生命保険募集員、損害保険代理店、警備員、建設業者などの仕事ができなくなりますが、免責確定後は復権するため、永久的な制限ではありません。

Q&Aコーナーに戻る


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.