Q&Aコーナー

住宅ローンのついた家に住んでいますが、自己破産して手放したくないので、民事再生はできますか。

はい。民事再生を行えば、住宅を守って総債務のうち一定額を分割で支払うことで整理できます。ただし、住宅ローンは圧縮できませんのでそのまま支払いを継続します。

自己破産した場合は持ち家を差し押さえられることになりますが、持ち家を手放さず借金を減額したい方には民事再生がおすすめです。

民事再生の手続きが向いている方として、今現在、給料などの安定した収入がありながら、まとまった額の借金がある方が挙げられます。民事再生は基本的に3年間で借金を整理するという方法ですので、継続して収入が見込めることが前提条件です。

民事再生は、借金の総額を1/5か100万円のいずれか多いほうの額に減額する手続ですので、借金の総額が100万円以下では減額になりません。そのため、借金の総額が200万円以上ある場合に初めて減額できるようになります。

なお、民事再生は、手続きにかかる費用と裁判所に収める費用が他の手続きよりも高額ですから、借金の総額が200万円以上のでなければ民事再生のメリットがありません。

民事再生の手続きが向いているケースとして、住宅ローンを組んでいてその持ち家を手放したくない場合、住宅ローンの特例により、住宅ローンを除いた借金のみを1/5か100万円のどちらか多い額まで減額できます。この時、住宅ローンそのものは減額されませんので、住宅ローンで苦しんでいる方には向いていません。

民事再生の手続きとして、まずは弁護士に相談します。この時、借入先の住所や連絡先、現在の債務額、取引開始年月を事前にまとめておくといいでしょう。弁護士との面談の後、民事再生ができるかどうかを検討し、弁護士によって地方裁判所に申し立ての書類を提出します。これ以降、借金の取り立てが亡くなります。

無事、民事再生が成立したら、再生計画に沿って3年間一定金額を支払うことになりますが、弁護士を通じて金融業者に一定金額を返済することができるサービスもありますので、これにより借金から解放されることとなります。

Q&Aコーナーに戻る


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.