Q&Aコーナー

債務整理や自己破産をした場合、家族が不利益になったり迷惑がかかったりしませんか。

債務整理では、家族に不利益になったり、迷惑がかかったりすることはありません。業者の中には「家族も借りたお金を使ったり、恩恵にあずかったりしているのだから、誰かが支払え。」などと言ってくる場合がありますが、法律的には全く根拠がありません。

債務整理は、任意整理も破産手続も法律に従って処理されますので、個人と家族は峻別されます。家族に迷惑がかかることはありません。

子供の進学や就職、娘の結婚などに際しても、家族への影響はありません。むしろ、弁護士が債務整理することにより家族に迷惑がかからないことが確保されると言えます。これまでもそのようなケースは1件もありません。

債務整理については、信用情報機関に事故情報としてブラックリストに登録されることになり、これらの手続きをしてから数年間はローンやクレジットを利用することはできなくなりますが、それ以外の不利益はまったくありません。また、裁判所を通さないので、仕事を休んで出頭したりする必要がないため、職場や家族などに知られることもありません。

また、自己破産などで、家族が保証人になっていない限り、家族には支払い義務はありませんし、たとえ債権者から家族あてに請求があったとしても、それに応じる必要はありません。保証人でない家族への取立ては貸金業法規制法に違反しているため、その旨を伝えれば、以後の取立てを続けることはできません。

さらに、保証人ではない場合は、親の借金を子どもが支払う必要はなく、その逆で、子どもの借金を親が支払う義務はありません。ただ、死亡した親が借金を残した場合、子どもがその負債を相続することになり、借金も引き継ぐことになりますが、家庭裁判所において、相続放棄することも可能です。この時、親の資産も同時に放棄することになります。

なお、自己破産したことを家族に知られたくないとしても、同居している場合であれば、破産の申立て時に同居人の収入を証する書面を提出する必要がありますので、実際的に、家族に内緒で自己破産をすることは難しいと言えます。そのため、家族に事情を打ち明けて協力して借金の整理をすることをおすすめします。

Q&Aコーナーに戻る


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.