Q&Aコーナー

債務整理をすると、会社や家族にわかってしまいますか。

わからないようにできます(本人(相談者)が家族や会社に言わないかぎり、秘密は守られます)。任意整理でも自己破産でも、弁護士事務所が受任した後、会社や家庭に裁判所や債権者から連絡がいくということもありません。もちろん当事務所からも会社へは電話その他の通信をしません。また、家族に秘密の場合は、家電話への通信はしません。個人の携帯電話でのみ連絡をとります。

債務整理では、裁判所から書類の送達場所に気を付けていれば、家族や会社の人に知られることはありません。官報にも掲載されますが、一般の人に知られることはないため安心です。債務整理の中では、任意整理がもっとも家族に内緒にしやすく、自己破産が隠しにくいと言われています。

貸金業者との交渉で減額したり、分割払いの和解をしたりという任意整理は、他の自己破産や個人再生や特定調停などとは違って、裁判所を介さずに行なうため、家族に知られることなく手続きを進めていくことができます。

これに対して、自己破産の場合、申し出を行なって以降、裁判所からの連絡物が自宅に届くため同居している家族にばれてしまう可能性があります。

これを避けるには、弁護士や司法書士に自己破産の手続きを依頼して、代理人となってもらい、郵便物を法律事務所宛てに送ってもらうことです。弁護士には守秘義務もありますので、こちらから秘密が洩れることはありません。ただ、裁判所に要求される書類によっては、家族の協力が不可欠なもの(同居者の給与明細、源泉徴収票、年金受給証明書など)もあり、これらは本人でないと用意できないため、このような場合は家族に自己破産を知らせなければ手続きができません。

あと、会社からの借り入れがない場合は、自己破産・個人再生をしたことを会社に知られることはありませんが、必要書類として退職金見込額証明書が必要となる時は、会社に破産のことを伝えずに証明書をもらうのは難しいと言えます。ただ、債務整理をしたからといって、労働法上、それらを原因として会社をクビになることはありません。

Q&Aコーナーに戻る


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.