Q&Aコーナー

過払い金の回収を弁護士に委任した場合、いわゆるブラックリストにのりませんか。
クレジットカードはつかえなくなりますか。

気になる「ブラックリスト」についてですが、基本的に過払い金の取り戻し手続をしても、個人信用情報にマイナスのコード(情報)が登録されないことになりました。これは、過払い金の取り戻しは業者の不当利得を返還させる請求であり、請求者は法的に認められた権利行使をするだけだからです。

ただし、現在返済している債務を任意整理するのと同時に過払い金請求する場合は、任意整理の方で信用情報に登録されます(基本的に5年間)が、すでに完済している過去の取引について過払い金回収をする場合は、個人情報に載りません。

一般的に「ブラックリストに載る」と言われているものは、返済中に長期延滞をしたり、自己破産をして借金をゼロにしたりと、当初の契約通りにきちんと返済が出来なかった場合の情報が「移動情報」として登録されることを指します。

ただ、過払い金自体も必ず還ってくるとはいえず、貸金業者の中にも経営状態が悪化して、「返すお金がどこにもない」と開き直るところも出てきているようです。これらの業者は、裁判所での判決にて、銀行口座を差し押さえても、口座にお金が全く入金されていないことがあるため、過払金の回収をあきらめざるを得なくなるケースも出ていますので、注意が必要です。

過払い金返還手続きは、取引の終了から10年で時効にもかかってしまうため、早めにご相談されることをおすすめします。

最後に、過払い金の回収に際し、完済しているものであれば事故情報(ブラックリスト)に記載されることはなくなりましたが、債務が残っている時に過払い金返還の請求をした場合は、例外的にブラックリストに載ります。過払い金の返還請求した際、以後、クレジットカードが使えるかどうかは、それぞれのカード会社によって異なりますので、個別にお問い合わせいただくといいでしょう。カード会社によっては、カードの使用が二ヶ月間停止になるものや解約になるもの、引き続き使えるものがあります。

Q&Aコーナーに戻る


ホーム当事務所について債務整理弁護士費用Q&A「債務整理」とは?お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © Kannai Ekimae Law Office All Rights Reserved.